スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行列に見る日本人

僕が嫌いな行動の一つに『行列に並ぶ』というものがある。街中に一箇所しかないATMなど、どうしても並ばなければならないような場合は別として、そうでない場合は極力行列には並ばないようにしている。時間の無駄としか思えないからだ。近所にサンドラッグというストアがあるが、値段が安いためか休日は凄まじい行列を作っている。妻は安さに釣られ並んだりするが、僕自身は時間の無駄としか思えないのでここでは買わず、他のドラッグストアで買い物をする。最近知ったのだが行列に並ぶのは世界でも日本くらいしか見られないそうだ。この行列に並ぶという行為はただ単においしいものを食べたいだけでなく、ある真相心理が影響しているのだという。それは『自分も他人と同じことをすることで安心感を得る』というもの。『村八分、仲間はずれにされたくないので、みんなと同じことをして満足している』などという何とも後ろ向きな動機が内在しているらしい。

ところが、ある調査によると日本人の中でも行列に並ぶのが好きな人は全体の15%に過ぎないという。あとの85%は嫌いということだろうが、この中で行列嫌いでなおかつ行動でも並ばない(努めて行列に並ばないようにしている)人が推定5~10%くらいしか居ないと思われる。とするとあとの70%以上は『行列嫌いなのに仕方なく並んでいる人』ということになる。実はこれ社畜と同じ割合じゃないだろうか?真性社畜はせいぜい10%くらいであとの80%くらいは、”仕方なくつき合わされている”人だと思われる。僕みたいに勤めて社畜をしない人は0.1%にも満たないだろう。社畜嫌いが日本人の5~10%くらいになると形勢逆転であっという間に社畜が滅ぼされていくはずなんだが…(流される多数派がどっとアンチ社畜に流れるため)

行列に話を戻そう。ラーメン屋には行列を作っているところもある。しかし、僕はどんなにうまかろうが長時間並んで待たされてまで食したいなどとは思わないのだ。体験上言わせてもらうと本当にうまいラーメン屋には行列などできない。それでいて繁盛している。回転が速いのかこういう店にはマスコミ嫌いが多いのか?また数年前とあるセミナーで、ラーメン屋めぐりが趣味の人と一緒になった。彼はかなりのツワモノで行列に何度も並んで色んな店のを食している。彼曰く「行列を作っている店は例外なく”まずい”」というのだ。ちょっと驚いたが、彼の味覚ではそうだという。行列店全てではないと思うが、”サクラ”を動員してまで、行列を作るらしい。釣られて入る客がいるからだろう。海外でこんなことをしたら店が潰れかねない。日本しか成り立たない商売だなきっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけじろう

Author:たけじろう
1968年福岡県久留米市に生まれる。家族は妻と二人。

好きな言葉『俺が常識』『妬ませる』『思考は現実化』『成功』『好きこそものの上手なれ』

嫌いな言葉『滅私奉公』『協調性』『和の精神(同調圧力のこと)』『権利を主張する前に義務を果たせ』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。