スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回も書いたDV関連

一か月前になるが、DV夫について書いた。
そのDV夫に体育会系が多いということも書いた。ここに書いてあるんだが、DVをやりやすい人間の特徴が体育会系にそっくりということである。私のとなりに住んでいた夫婦の旦那の方がそうだった。このブログには過去に何度か彼について書いてきた。

4.激昂する
7.『こうあるべき』『こうすべき』という固定観念が多い、
9.外面がよく、周囲からは『いい人』と慕われている
上記の特徴は彼によくあらわれていた。4番は顕著に表れていた。私も妻もよくとなりの旦那が突然ブチ切れていたのを何度も聞いている。妻は彼を「瞬間湯沸かし器」とまで呼んでいた。9番もそうだった。外面はとてもよい。しかし、となりに住んだりすると相手の特徴がよくわかり化けの皮がはがれるのがよくわかる。妻も彼に対して最初は好印象を持っていたのだが、突然ブチ切れるような性格の部分を何度も見聞きしているので、かなり怖いという。さらには私は聞いていないが、奥さんにぐちぐちと説教したりしている。声がでかい。などというのも目立っていた。こんなことも言っていたという。「お前は俺の言うことを黙って聞いていればいいんだ!!」

亭主関白というより男尊女卑という気がした。男尊女卑はいい方向に向かうと「女は弱いものだから男が守ってやらなければならない」という心理が発生し、女性にやさしくなるが、悪い方向に向かうと女に対する暴力という形で現れる。となりの奥さんはある意味可哀そうだとは思うが、結婚前に交際している段階である程度旦那の性格などはわかってくるはずである。旦那のすぐブチ切れる性格も納得して結婚したのだろう。そういう意味では自業自得だ。ちなみに私の妻は「ああいう男とは絶対に結婚したくない。というか交際すらお断りよ。」と言っている。さらにはその夫婦は二人で仲良くツーショットで写っている写真を玄関に飾っているのをみたことあるが、あれは絶対にやってはいけない。理由はそれをやると別れる、離婚する、ということが多いから。(と私には思える。だから自分達はああいう写真は部屋には置かない)

その夫婦も数日前に突然引っ越していった。となりには気配が無くなったが、次はもっと穏やかな人が来てもらいたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけじろう

Author:たけじろう
1968年福岡県久留米市に生まれる。家族は妻と二人。

好きな言葉『俺が常識』『妬ませる』『思考は現実化』『成功』『好きこそものの上手なれ』

嫌いな言葉『滅私奉公』『協調性』『和の精神(同調圧力のこと)』『権利を主張する前に義務を果たせ』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。