スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電ならエアコンよりテレビ

節電はやらない主義である。
特にエアコンは温度設定を変えたりはしない。今までと同じように使っている。他のブログなんかを見ればわかるが、エアコンを使ったり温度設定を控えめにしない人間を非国民呼ばわりする風潮が昨年の震災以降増えてきているようだ。私はこういう集団圧力が大嫌いであり、そのためか『エアコンは控えめにしない』と堂々と公言している。

それに節電といえば即エアコンというのはおかしい。何もエアコンだけじゃないからだ。むしろエアコンを控えめにする、使わないよりも『テレビを見ない』方が節電効果は高いのだという。むしろ積極的に節電したいのならエアコンよりテレビである。テレビを見ないようにするか、ダラダラと見る時間を減らすよう努めるべきだ。最近の私はテレビはあまり見ない。下らない番組が多すぎるのも一因だが、テレビというものが人間の思考力を低下させ、支配層の洗脳にかかってしまいやすくなるからだ。エアコンの場合は電力使用量が多いのはスタートして設定温度まで、温める(冷やす)までが電気を食うらしい。それ以降は温度維持するだけなので電力消費は少ない。しかも最近のエアコンは電気をあまり食わないのだ。

テレビはずーっと一定時間同じ電力消費が続くだけでなく、大型化して昔よりも電力消費が多い。政府も国民に節電を呼びかけるならなぜテレビを控えるように言わないのか不思議だ。そしてそんなに節電させたいのならテレビ局は深夜放送を全部止めるべきだろう。私は幼い頃だったので全く記憶ないが、1973年の第一次オイルショックの時はやはり節電にうるさくなり、テレビ局が深夜11時ころで放送を打ち切ったのだという。最近は”節電が急務”とか言っておきながらこんな流れが全く見られないのはどう考えてもおかしいだろ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけじろう

Author:たけじろう
1968年福岡県久留米市に生まれる。家族は妻と二人。

好きな言葉『俺が常識』『妬ませる』『思考は現実化』『成功』『好きこそものの上手なれ』

嫌いな言葉『滅私奉公』『協調性』『和の精神(同調圧力のこと)』『権利を主張する前に義務を果たせ』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。