スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザクロを食べた日

最近むしょうに食べたくなった果物がザクロである。
これは私が幼稚園のとき、先生がみんなに一つずつ配ってくれた。それを一口食べると甘酸っぱくてとてもおいしいのを覚えているので、その日以来「あのザクロを一つまるまる一個食べたい」とずっと思い続けてきた。二十歳過ぎて何度か食べる機会があったが、結婚して最近は口にすることがなかった。妻にザクロを食べてみたいと言ったところ、「私はあれは気色悪いので食べない」という返事が返ってきた。妻がザクロを嫌う原因は小学生のころ読んだ怪奇少女マンガに”赤い沼”という読みきりマンガがあってそれに「ザクロは血の味」というセリフが出たり、おぞましいシーンがでてきたからだという。それ以来トラウマらしいので食べないのだ。

私は逆に食べたいと思うのだが、最近どこにも売っていなかった。季節は秋なのでもう半年以上待つしかないだろうと思っていたら偶然近くのスーパーで売っていたので購入。どうやら輸入品のようだった。

ザクロが嫌いと言っていた妻はおいしそうと言って食べていたので、食べず嫌いのようだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけじろう

Author:たけじろう
1968年福岡県久留米市に生まれる。家族は妻と二人。

好きな言葉『俺が常識』『妬ませる』『思考は現実化』『成功』『好きこそものの上手なれ』

嫌いな言葉『滅私奉公』『協調性』『和の精神(同調圧力のこと)』『権利を主張する前に義務を果たせ』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。