スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育会系の胸糞悪い笑顔

となりの部屋にある若い夫婦が引っ越してきたのは一年以上前のこと。
笑顔で挨拶にきたことがあった。だが、都会の暮らしの中ではある意味当たり前だが、しょっちゅう顔を合わせるわけではないので、二人の顔はあまり覚えていなかった。それに二人とも共働きらしく、帰るのが深夜になっているみたいなのでなおさらである。めったに顔を見ない隣夫婦だが、妻は隣の旦那を「穏やかそうでいい人みたい」といっていた。

しかし、昨年末頃掃除をしていると隣からものすごい悲鳴と怒号が聞こえる!
「○○してくれたっていいじゃない!あたしだって働いてるんだからさ!!」
「何だとこの野郎!!っせーーんだよ!!」
しばらくすごい声が続いた。妻は「となりの旦那怖いね。あんな穏やかそうに見えるのに」という。しかし妻によるとときどき隣夫婦は喧嘩とまでいわないまでも、旦那が奥さんにグチャグチャと説教しているときがあるという。「こういう男は神経質で嫌ね」なのだと。つまり一見穏やかそうでなにか性格的に嫌な部分があるらしい。さらに今年の夏頃、私が松本に行っていた頃にも派手な夫婦喧嘩があったと聞いた。かと思うと数日すると二人ともケロっとしているのだ。まあ、それでもいいじゃないかと思った。そして彼らの部屋から老夫婦がでていくのを
最近見ている。そのときは旦那の方が気持ち悪いくらいペコペコと頭を下げて別れの挨拶をしていたのである。
つい最近となりの旦那が部屋を出ているのを見てお互い挨拶をした。相手の顔をよく確認してみる。『彼は体育会系だ』と私は思った。なぜかというと、挨拶をしたときの笑顔がもろにそうだからである。変に愛想がいいがなぜか好感が持てないというのが私の印象である。そして裏表が大きい。今まで書いた特徴を並べると体育会系の特徴のそれである。さらにいつも深夜に帰ってくるのを見るとかなりブラックな職場に勤めていると推測される。また、妻の話によると彼らが玄関を開けたとき下駄箱の上に二人のツーショット写真を飾ってあるのが見えたという。実はこの『ツーショット写真を飾る』はやってはいけないことらしい。ツーショット写真を飾る夫婦(あるいはカップル)は仲が悪くなるか別れるという例があまりにも多いからだ。私の知り合いでも離婚調停中の夫婦がそれをやっていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけじろう

Author:たけじろう
1968年福岡県久留米市に生まれる。家族は妻と二人。

好きな言葉『俺が常識』『妬ませる』『思考は現実化』『成功』『好きこそものの上手なれ』

嫌いな言葉『滅私奉公』『協調性』『和の精神(同調圧力のこと)』『権利を主張する前に義務を果たせ』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。